読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

根付けのような人間は・・・

デブゴン (手登根・ボギー大佐)

2016年11月8日

沖縄では警察権力による不当逮捕が続いていますが。

芸術の秋です。

ということで今日は、あの高村光太郎の「根付の国」という詩を紹介したいと思います。

根付 (ねつけ) とは江戸時代など、帯から釣りさげた留め具の装飾品で、下の写真のような、デブコロンとした体系の物が多いようです。

ご主人様の帯に常にぶらさがってついて回ります。が実際のところは安っぽい装飾品、腰ぎんちゃくにしか過ぎないのです。

お上の帯にぶらさがって、にやにや、へいこら、ついてまわる根付。

思考の欠如を隠すための感傷主義。保身と自己顕示欲に満ちたプロパガンダ。だらしのない卑屈さと歪んだ精神の退廃。俗物主義。

そんな根付のような人間を彼はこんな詩にうたったのです。

.

『根付の国』

             高村光太郎

頬骨が出て、唇が厚くて、眼が三角で、名人三五郎の彫つた根付の様な顔をして、

魂をぬかれた様にぽかんとして

自分を知らない、こせこせした

命のやすい

見栄坊な

小さく固まつて、納まり返つた

猿の様な、狐の様な、ももんがあの様な、だぼはぜの様な、麦魚(めだか)の様な、鬼瓦の様な、茶碗のかけらの様な日本人

f:id:nagowaykata:20161110232721j:plain

オスプレイ不安クラブ - タイムライン | Facebook